農村体験、始めよう♪

朝採り無農薬野菜を直送しています!
朝採り新鮮無農薬野菜を直送中!

朝採り野菜ボックスについては

→コチラから!

名人 鴇田(ときた)さんと行く 「幻の天然自然薯掘り」

今年度の開催は終了しました。2017年度は11月下旬からスタートします。楽しみにお待ちください。

大物の天然自然薯を掘り当ててご満悦♪
大物の天然自然薯を掘り当ててご満悦♪

天然の自然薯を掘ったことがありますか?

 

 古くから「長寿の食べ物」として食されてきた「自然薯」。滋養強壮や漢方などにも使われるほど生命力があります。しかし、現在流通しているほとんどは「畑で栽培」された「1年もの」です。なかにはナガイモを自然薯と称して販売している小売店もあるぐらいです。

 

 しかし、天然ものは全く違います。山の中にひっそりと命を育み、収穫できるようになるまでの期間は10~20年。1年で10cmぐらいしか成長しないと言います。ゆっくりじっくり山の中で力を蓄えた天然自然薯はまさに「生命力の塊」「幻の食べ物」なのです。
 
 しかも、天然の自然薯を見つけるのは普通の人では出来ません。地元の人でもごく限られた人しか知らない秘密の場所で、長年に渡って自然薯を掘ってきた名人の目と技があるからこそ、どこに自然薯が眠っているのか?どうやって掘れば良いのか?がわかります。
 
「自然薯掘り」の名人である鴇田(ときた)さんが、「秘密の場所」「天然もの」の自然薯「見つけ方」「掘り方」を指導してくれます。もちろん、最終的には鴇田さんが仕上げをしてくれるので、素人でもきちんと掘りあげることができます。

 

 私(みん村の代表:片岡)も実際に自然薯を掘り上げてきましたが、昔は自分で食べ物を採集確保していたDNAが目覚めるというのでしょうか、掘り上げた時の達成感は、とてつもなくたまらないものでした。

 

是非、一生に一度で良いから、天然の自然薯を掘り上げてみませんか?

 

自然薯を見つけるステップ

■まず、花をみつける

自然薯の場所は、まず「花」を見つけること。

様々な雑木が生い茂る中で、手がかりを見つけることが第一です。

左の写真であれば、上の方にピンク色のように広がっているものが見えますよね?

それが「自然薯の花」です。

■花からツルを辿り、自然薯の場所を見つける

花をみつけたら、花から地面まで続いている「ツル」を見つけます。

左の写真では、篠竹に絡まっているのが自然薯のツルです。

そのツルに沿っていくと、ツルは最後には地中に潜ります。

そこが、自然薯がある場所です。

 

とはいっても、「言うは易し行うは難し」で玄人でない限り、見つけることは至難のわざです。「その道の名人」だからこそ、天然の自然薯の在り処がわかるのです。

名人鴇田さん(シャイなので顔写真はNGです)
名人鴇田さん(シャイなので顔写真はNGです)

<自然薯掘りの名人 鴇田さん>

 香取市で農業を数十年行ってきたベテラン農家。溶接、造園など何でも出来てしまう達人で、特に「自然薯掘り」は「名人」と呼ばれるほどの腕前。テレビ番組で坂東英二やお笑い芸人のNON STYLEなど数々の芸能人が鴇田さんの指導で自然薯を掘りました。

 下記の写真は、NON STYLEが掘り上げたもの。30年ものの自然薯を堀り上げました。
 

<自然薯掘りの秘密道具>

  自然薯を掘る場合は、大体2mほどの深さを堀りあげます。

 だからスコップなどではとても無理!特別の「秘密道具」が必要です。
 右の写真は鴇田さんの自然薯掘り道具一式。
 今まで最長で170㎝自然薯を掘り当てたこともあるそうで、それを折らずに掘るには、熟練の技だけでなく特別な道具も必要です。
 参加者の皆さんの道具は、鴇田さんが作って下さった道具をお借りします。
 なお、参加者の皆さんの道具は右の写真のような鴇田さんの道具とは仕様が若干違います。
 

<野生の滋味を堪能してください♪>

 自然薯は「お餅」のようなコシと粘りが特徴です。

 また、何よりも漢方で滋養強壮に使われるほどの「生命力」が宿っているので、風邪やインフルエンザの予防として家族で食べたり、元気に長生きしてもらいたい両親にプレゼントするのも良いかもしれませんね。

 ぜひ、ご自宅で「本物」の「天然自然薯」を味わってみてくださいね。

 すった自然薯を海苔で巻いて油で揚げた「天ぷら」は、モッチモチ♪

 もちろん、だし汁でといてご飯にかけた「とろろご飯」は自然薯を満喫できます♪

 さらに、そのままスライスして軽く酢を入れたお水に通し、わさび醤油で食べる「お刺身」も絶品です!

奥様が作る自然薯汁はホッカホカで極上です♪
奥様が作る自然薯汁はホッカホカで極上です♪

 自然薯掘り終了後は、軽い軽食として、名人鴇田さんの奥様がご都合があえば「自然薯汁」を提供して下さる予定です。

 野菜たっぷりの美味しい自然薯汁を食べると、身も心もホッカホカですよ♪

(写真中央のすいとんのような固まりが、自然薯をすりおろしたものです)

※あくまでご好意で出して頂ける時があるということで、必ず出して頂けるわけではありません。そのため、奥様のご都合が悪ければ、茶菓子になることもあります。

 

 ちなみに、過去参加された方の自然薯堀りの様子の詳細をブログにまとめてありますので、宜しければご覧下さい。自然薯堀のワクワク感が伝わると思います。

コチラから!

 

 【開催期間】

 11月下旬~3月頭まで。

 自然薯は冬の寒い時期に葉や花を枯らせ、根っこに栄養を蓄え成長していきます。

 一方で、暖かくなってくると今度は芽が動き出し根っこから栄養が放出されていきます。

 そのため、開催期間は寒い時期に限られています。

 

【開催日時と場所】

 平日・祝日問わず、参加者の実施希望日をもとに鴇田さんと日程調整をします。

 平日の方が調整はつきやすいです。まずはお問い合わせください。

 10時頃~16時頃(終了時刻は掘り具合によります)

 

【場所】

 香取市内の山林の中

 ※集合場所はお申し込み後、連絡を致します。

 ※電車でお越しの方は、軽自動車になりますが、成田駅まで送迎可能です。

 

【対象】

 2m近くの穴を掘りあげますので、「自然薯を掘ってみたい!」という気持ちがある

 大人の方にお勧めします。危険も伴うので小さなお子様の同伴はご遠慮下さい。

 なお、鴇田さんが掘り方を指導してくれますが、疲れて掘れなくなった場合は

 最終的には鴇田さんが掘り上げてくれます。

 

【定員】

 1組1~2名

 お申し込み、キャンセルは、開催日の5日前までにお願いします。

 

【参加費】

 1組25,000円(参加料、道具の貸出料、収穫物の自然薯、保険代込み)

  

<詳細>

・1組で2本の自然薯を掘り上げる予定です。

 ※1人でご参加の場合でも、2本収穫出来るようサポート致します。

・自然薯掘り終了後、お茶を飲みながら簡単に1日の振り返りをしましょう。

 

【持参物】

 参加費、お弁当、水筒、タオル、帽子、ゴムつきの軍手、着替えなど

 

【服装】

 竹やぶの中を掻き分けて自然薯を探すので、やぶが服に引っかかったり

 落ち葉や枯れ草が体中にくっつきます。全身汚れても良い格好でお越しください。

 また寒い時期ですが掘っている間は汗をかきますので、脱着しやすい服装でお越し頂き

 着替えもお持ち下さい。

 

【諸注意】

 ・山の中で1日を過ごすので、昼食としてお弁当やお飲み物を必ずお持ち下さい。

 ・山林は私有地ですので、もしゴミが出た場合は必ずお持ち帰り下さるようお願い致します。

 ・芸人のNON STYLEが掘った時は12,000円級のものを掘り当てましたし、今までで130~140cmの大物を掘り当てた参加者もいました。

  今回、皆さんには最低でも10年以上のものを掘り出して頂く予定ですが、天然物であるためどうしても大きさは運任せです。 50cmぐらいのものから100cm超のものまで、どのような大きさの自然薯に巡り合うかは保証できません。

  そのため、大きさによって参加費が変わったり返却をすることがないことを予めご了解下さい。

 

 なお、大地に根ざして生きてきた有機農業農家と一緒に、1年を通じて「お米作り」「野菜作り」「糀作り」「稲ワラ納豆作り」「油搾り」など「農村の営み」から多くのことを学ぶ『食と命の教室』もお勧めです。

 ご関心がある方は→こちらをご覧下さい。

自然薯掘りのお問い合わせ・お申し込みは以下のフォームからどうぞ。

名人 鴇田さんと行く幻の天然自然薯掘り」

メモ: * は入力必須項目です